学校法人 国際学園|全日制 星槎中学校併設

神奈川県横浜市の星槎高等学校(文部科学省指定校)。学校便り「星の槎」校長先生からのコメント。

星槎中学校サイトへ
 
  1. 星槎高等学校 ホーム
  2. 学校便り「星の槎」

学校便り「星の槎」校長先生からのコメント。

星槎の3つ約束を踏まえ楽しく充実した学校生活を!

(2017/4/8)
校庭の桜の花も満開となり、本校にも、中学校81名、高等学校109名、合わせて190名の新入生を迎えました。ここ若葉台の豊かな自然環境と充実した施設に恵まれた中で、今、全教職員は、星槎の教育理念である「人を認めること」「人を排除しないこと」「仲間をつくること」の3つを踏まえ、新年度に向けて、本校の校訓「労働」「感謝」「努力」を具現化するための1年間の教育を一層充実し、生徒たちが楽しく、しかも充実した学校生活が送れるよう頑張っています。
   
  さて、月日の経つのは早いもので、新年度がスタートしてから早や1週間が経ちました。このように、私たちは、時間を止めることや、時間を貯えることはできず、あっという間に時間は過ぎ去っていきます。
  この止めることのできない時間の流れの中で、どのお子様も、大きな夢をもって、その実現に向かってどんどん成長していきます。皆様ご存知のように、「少年老い易く、学成り難し」という中国の朱子の作と言われる詩文があります。これは「月日の経つのは早く、自分はまだ若いと思っていてもすぐ老人になってしまう。それに反して学問はなかなか成しとげ難い。だから少しの時間も無駄にしないで学問に励みなさい。」という、若者への教訓です。この止めることのできない時間の流れの中で、どの生徒も、自分の可能性を信じて大きな夢をもち、その実現に向かって、常に燃えながらどんどん成長してほしいと願っています。
 
  そのためにも、今年度も、若葉台地域の皆様に温かく見守られながら、学校と家庭が一丸となって、生徒の夢の実現をめざして、時間の大切さ、時間の有効な使い方などの指導を十分に行い、楽しく充実した学校生活が送れるような教育を進めていきたいと考えています。

星槎中学高等学校
校長 金子 肇

ページトップへ