教育課程に関する文部科学省指定校

星槎の学びCLASS

社会で生きる力が身につく星槎独自の特色ある授業!

星槎中学校では、社会生活で必要な知識や技術、コミュニケーション能力の向上に重点を置き、さまざまな特色ある授業を設置しています。生徒はそれらの授業を通して、日常生活や通常の教科学習では学ぶことが難しい内容を身につけていくことができます。

SST(ソーシャルスキルトレーニング)

他者との関わり方を中心に、社会生活で必要となる技術を学びます。授業では、知識を学ぶだけではなく、ロールプレイや話し合いなど、生徒同士が積極的に関わり合う場面を多く設定し、学んだ知識を活用できるよう工夫しています。生徒たちは「素敵なあいさつの仕方」「相手の気持ちを考えた言葉の選び方」「表情認知」など、学んだ内容を自身の学校生活に当てはめて、周囲の人とより良い関係を築けるように日々学校生活を送っていきます。3年間を通して、自分自身を客観的に理解し、状況に応じた適切な行動がとれるようになっていきます。

MESSAGE

「友だちとの関わり方の練習中。毎日の学校生活に役立ちます。

ベイシック

基礎学力の定着を目標に、国語・数学の個別学習に取り組みます。一人ひとりの学習進度に応じた課題に取り組むため、自分のペースで確実に学習を進めることができます。1つのクラスを複数の教員が担当することで、一人ひとりの到達度を授業内で把握し、その場で今一番必要な指導を行ったり、生徒の疑問点に即座に答えたりするなど、きめ細やかな指導を実現しています。

MESSAGE

「ベイシックの授業は先生がたくさんいるのでスグ聞ける!」

表現

話すこと・聞くことを中心に、言葉の使い方を学びます。「相手に伝わりやすい説明の仕方」「質問のコツ」「電話の対応」など、日々の生活の中で必要とされる言語表現を練習していくことで、会話でのコミュニケーションが豊かになります。授業を通して、生徒たちは話すことに対して徐々に自信をつけていきます。年度の終わりには、学んだことの集大成としてスピーチのコンテストにも挑戦します。

笑って、歌って、語らって。世界の仲間たちとつながろう!

星槎中学校では、外国人講師による実生活に結びつく英語の授業を実施。また、ハワイ英語研修旅行、SEISA Africa・Asia Bridge(SAAB)などを通して異文化交流を図り、グローバルな価値観を育んでいきます。

英語(国際理解)

外国人講師の指導で、実生活に結びつく英会話を学びます。視覚的な教材や体験的な活動を多く取り入れ、実際に話す機会を増やすことで、生きた英語の力が身につきます。また、ハロウィンなどの季節に応じたイベントや、ハワイなど海外の各地域の特徴など外国文化も体験的に学ぶことで、異文化理解を図り、多様な価値観を育んでいきます。

MESSAGE

「ホンモノの英語が学べる授業。先生のパワーがすごい!」

ハワイ海外英語研修

中学校2年生の行事となっているハワイ海外英語研修。海外での活動や英語でのコミュニケーションなど、初めてのことに挑戦した経験は、その後の学校生活に大きな自信として表れます。また、ハワイの「アロハ・スピリッツ」は星槎の心と通ずるものがあり、現地では小学校との交流プログラムをはじめ、ハワイの大自然を満喫するとともに、場所文化への理解を深め、文化や習慣を肌で感じることのできる有意義な研修です。

SEISA Africa・Asia Bridge(SAAB)

SAABは、中学生から高校生、大学生までが集う大きな大きな文化祭です。全国の仲間とともに、アフリカ・アジアの国々の人たちと交流し、「知る(学習)」「感じる(体験)」「考える(行動)」ことを目的としています。生徒の自由な発想でアフリカ・アジアとのつながりが表現され、民族音楽のプロが奏でるアフリカ独特のリズムやダンスのパフォーマンスは、言葉の壁を越えて多くの人の表情を笑顔に変えていきます。昨年の「SEISA Africa・Asia Bridge 2017」は、35を超える国の大使や大使館関係者、全国の星槎の生徒たちなど約7,000人が参加し、大いに盛り上がりました。

在校生の声STUDENT VOICE

小林 夕菜さん

星槎には、特徴のある授業が多くあります。例えば、SSTという授業では、友達と関わるための、正しい距離感について勉強します。それから、普段の学校生活の中で、友達とただ関わるだけではなく楽しく関わる、ということができるようになりました。私は、この星槎の授業のおかげで、勉強が楽しく感じられるようになりました。