全日制|星槎中学校併設

さまざまな活動SCHOOL LIFE

生徒の「知りたい!」が出発点。SEISAならではの高校・大学が連携した研究授業

SEISAでは生徒自身の「知りたい!」「やってみたい!」という興味・関心を大切にし、大学、専門学校、研究機関など、SEISAグループ全体で生徒たちの学びをサポートしています。

顕微鏡を使って、小さな世界に存在する微生物を観察

「大貫谷公園 微生物発見・捕獲大作戦」の成果発表会

生徒の知りたい気持ちを星槎大学教授が応援

星槎高等学校がある横浜市旭区若葉台には豊かな緑地が広がり、多様な植物が生息しています。そこで、本校の生徒たちが「若葉台にどれほどの生態系が維持されているのか、顕微鏡で確認してみたい!」と発案。2016年5月に「大貫谷公園 微生物発見・捕獲大作戦」がスタートしました。 生徒たちは、本校に隣接する大貫谷公園の土壌を採取しプレパラートで観察を重ねましたが、何十回やっても微生物は発見できません。そんな生徒たちを応援してくれたのが、星槎大学の森川和子特任教授(微生物生態学)です。森川教授は、生徒たちに微生物の観察手法を丁寧に指導。その結果、2017年1月、生徒たちはついにワムシなどの微生物の観察に成功したのです。

大貫谷公園の土壌を採取

わくわくしながら顕微鏡で観察

小さな世界にはセンチュウの姿!

観察の成果もしっかり記録

「自然との共生」について深く考える機会に

2017年2月17日、本校体育館に生徒や保護者、地域の皆さんなど約250名が集まり、「大貫谷公園 微生物発見・捕獲大作戦」の成果発表会が開催されました。研究にあたった生徒たちがライブカメラを活用して大型スクリーンに微生物を映し出すと、会場は大きな歓声に包まれました。また、研究に取り組んだ生徒たちには、「肉眼で見えない世界に多くの微生物が存在することに驚いた」「今度は微生物が生育するために適した地温を調べたい!」など、「自然との共生」について深く考える貴重な機会となりました。星槎高等学校はこれからも生徒一人ひとりの興味・関心をなにより大切にするとともに、共生社会の実現に向けた学びに取り組んでいきます。

「環境微生物系学会合同大会2017」(東北大学川内北キャンパス)に
おいて、生徒たちは研究成果のポスター発表を行った

SEISAをとことん楽しもう!

キャンプ実習やスキー実習、部活動など、実習や課外活動が充実しているのも本校の特徴です。
さまざまな実習や活動を通して、自分自身の可能性を発見し、友達の輪を広げることができます。

自然の中で学び、食べ、笑う

キャンプ実習(1年生)

大自然あふれる奥多摩で2泊3日のキャンプ実習を行います。ハイキングやレクリエーションなどを通して友だちとの思い出をたくさんつくります。自然の中で食べるバーベキューは格別です。

白銀の世界で友情を育む

スキー実習(1年生)

新潟県の苗場スキー場で2泊3日のスキー実習を行います。初めてスキーを体験する生徒も、スキーの基礎から教わります。生徒同士の交流を深め、仲間の輪をさらに広げて帰ってきます。

自分たちの手で学校を作る

生徒会活動

生徒会本部役員は会長1名、副会長2 名、書記2 名、庶務2 名の計7名。本部役員は6 月に行われる生徒会総選挙によって決まります。生徒会本部役員は生徒の代表として、日々の学校生活をよりよくするために議論を重ね、生徒総会では生徒全体の意見をとりまとめていきます。

全国生徒会研修

年に一度、全国に広がる星槎の生徒会の仲間たちが集まり研修を行っています。討論や交流の成果が、全国の校舎の文化祭で発表されます。

夢中になれることを見つけよう!

部活動

軟式野球やバスケットボールなどの運動部をはじめ、和太鼓や軽音楽、ダンスなどさまざまな部活動を行っています。また、本校は高体連、高野連、高文連に加盟しています。

バスケットボール部

軽音楽部

和太鼓部「響」

ボウリング部(全国大会出場)

部活動紹介

運動部 軟式野球・バスケットボール・ボウリング・卓球サッカー・ソフトテニス・陸上競技・バドミントン
文化部 和太鼓・コンピュータ・美術・軽音楽・自動車鉄道研究・放送
同好会 ダンス・剣道・写真・料理研究・吹奏楽・演劇

大会出場記録

和太鼓部 太鼓祭くまがやドーム2011日本一決定戦 優勝(打鼓音として出演)
軟式野球部 第57回全国高等学校軟式野球選手権・神奈川大会出場
陸上競技部 高校総体 横浜地区予選出場(100m 200m 1500m) 他
バスケットボール部 神奈川県私学親睦交流試合参加
ソフトテニス部 高校総体 横浜地区予選出場 他
ボウリング部 文部科学大臣杯第22回全日本高等学校対抗ボウリング選手権大会出場 他
自動車部 かながわエコカー競技大会出場

和太鼓で日本一に!星槎高等学校和太鼓部「響」から「打鼓音」の活動

和太鼓部「響」は笑顔と楽しさ、元気の良さをモットーとしています。和太鼓の学習を教育活動の中に取り入れた教育実践を行っています。卒業生たちが太鼓の 活動を行うために設立されたNPO法人打鼓音が高校との連携を取り、全国規模での活動を行っています。その活動は高齢者施設、幼児教育施設、小学校、中学校、から地域までの広がりを持っています。日本の文化を知り、和太鼓の演奏を通して、人々との出会いや地域とのつながりは生徒達に自信や勇気を与え、心身の成長に大きな効果をもたらせています。